長野県の建築設計事務所 スタジオアウラ一級建築士事務所

ブログ BLOG

Apr 13, 2021

厳島神社

2009.1.13

西廻廊

広島へ2009年にいった理由は確か初詣だった気がします。電車で行った様なですが何故か記憶が曖昧です。本社、客神社、廻廊が海域に建ち厳かで柱の配列が左右非対称という妙を感じて来ました。海に建つという自然の驚異に常にさらされて建築当時の部材はほぼ残らないと言われていますが周囲の住居は修理に駆け付けられる様に職人さんが多く今も歴史と共に人の手仕事で守られている神社でした。屋根は檜皮葺で自然にさらされ被害を受けても自然界には驚異とならない姿です。

本社本殿の屋根は、切妻造の正面・背面の両方を長く伸ばし、その伸ばした部分が庇になった「両流造」

この日はグランドプリンスホテル広島へ

平日で宿泊者が少なくスタンダードな部屋を予約しましたが高層階の良い部屋にグレードアップで案内して頂けました。
1994年に建築された池原義郎・建築設計事務所+大林組S造+SRC造 23階建て地下1階
広島湾に浮かぶ元宇品の先端に建つ高層ホテル
元宇品広島湾に浮かぶ島で、明治期の干拓事業により陸続きとなったようです。ホテルへはバスと徒歩で行った記憶があります。
まずロビーの水盤と螺旋スロープが印象的なポストモダンなウェディングホテル
その案内文を見て当時思い出したのが学生時代の友人の結婚式に20代にこのホテルに一度訪れていたことでした。
しかし20代の結婚式でスピーチを任され緊張のあまり何も考えられず残念ながら
帰りにほっとしてエレベーターを降りた時の景色しか記憶にありません。

 

 

 

Apr 12, 2021

進んでいく

清明 次候 雁北へ帰る
先週は見積もり調整と

また方向性が決まり着工準備を進めたり

基本設計がまとまったり新しい計画の土地の見通しが立つなど春の訪れと共に先を見通せるようになりました。

昨年は全てがスローテンポでなかなか先が見えない

新しい計画も受けにくいという時期がありました。

それでもご理解を頂きzoom打ち合わせやゆっくり計画を進めて来ました。

これから
ブログの中で今まで訪れたり宿泊したり滞在した建築を少しずつ振り返ってみようと思います。

2008.11.05 上高地帝国ホテル

今から思えば当時の自分たちが仕事に追われていたのは

計画性が未熟だったからとわかります。

疲れ果て近くに逃避行をしたいという気持ちから無理やりに

冬季休業に入る直前の上高地帝国ホテルに行ったのでした。

昭和8年開業のホテルは日本初の山岳リゾートホテルとして期待され
高橋貞太郎設計のSRC造。
風雪による老朽化のため現在のホテルは当初の外観を再現しながら昭和52年に新築されました。

構造が見える山小屋風の部屋に宿泊し
部屋からも雪を頂いた穂高連峰が見えました。

楽しみにしていたのは夕飯に食べたカレーライスで

2008年当時はレストランを楽しむゆとりも度胸もなく

写真も何となくピントが甘く

早く帰って仕事をしたいという気持ちが表れています。(笑)

 

 

エントランス

 

 

 

Apr 06, 2021

瑞浪芸術館

織部の工場の隣の敷地に建つNPO瑞浪芸術館

江戸時代の茅葺屋根の民家は移築され今はモダンなギャラリーとして

運営されている様子です。

やはり茅葺屋根の姿形は素晴らしく

今は単独に存在し寂しげですが

元来あるべき場所に風景と共にあればもっと素晴らしいもの

の様に感じ

移築、保存の意味を問われている様に思いました。

2021.04.02

NPO瑞浪芸術館

Apr 02, 2021

モザイクタイルミュージアム

 

 

多治見市 タイルの原料を掘り出す採土場をモチーフにした藤森照信さんの設計した

モザイクタイルミュージアム

すり鉢状の斜面に不思議な形の土壁がギャラリーとして象徴的なファサード

何度も写真で見て訪れたいと思っていました。

印象は奥行きの薄さとやはり面白さ

吸い込まれるように壁にある小さな入口に向かって歩いていきます。

内部と内部は共調し場所場所にある開口が効果的な光で内部を照らしています。

驚いたのは存在するその場のイメージが
普通の市街地であったことです。
想像したイメージは草原の中、それだけ完成された風景が建築で生まれたことに驚いてしまいました。

 

Feb 23, 2021

美しい温泉宿

とある日に訪れた
美ヶ原温泉のそれは美しい宿でした。
金宇館です。

北村設計事務所さんが長く蓄積された知識と思いを
込められ設計をされていました。

書くほどに陳腐に感じてしまうといけないので書かずにおきます。
是非訪れて感じてみてください。

旅館代表ご夫妻のお人柄に触れて
そのお気使いと明るさにこの旅館は100年続くであろうことが確信に至る出来事でした。

私たちはこのお宿と人と出会ったことで
日常に対する思いも人に対する思いも建築に対する思いも
また新たに情熱を頂きました。
ブログに書くことがもったいないと感じてしまいました。
そんな気持ちを持てたことに感謝の気持ちで一杯です。

是非また訪れます!
お部屋に置かれていたシェーカーBOX

その手触りと形に惹かれ帰宅後に出会えましたが
またこれにより断捨離が進み器の大切さ
何を持ってつくられたのか?見るたびに再考しています。

何かの誰かの熱がないとつくってはいけない。つくる意味がないのかもしれない。

PAGE TOP