長野県の建築設計事務所 スタジオアウラ一級建築士事務所

ブログ BLOG

Aug 18, 2022

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館


寺町からのファサード

金沢中心部は浅野川と犀川のふたつの川と三つの丘陵地が特徴で
そのひとつ寺町と犀川の間の丘陵地に建つ建築館
建築家 谷口吉郎の生家の土地に建つ建築と都市のための小さなミュージアム

藩政期建築、近代建築、現代建築まで金沢は「建築の町」と自伝に記されているように
奥深いそして美しい場所でした。

建築は
丘陵地に階段と通路を設け犀川へ
この通りを繋いだこと
閉ざされていた場所に風景を繋ぐこと

かつて犀川添いに住み寺町との間の隔壁の様な丘陵地を自転車で行ったり来たりした自分にとって
まず物語と映像を描く建築の在り方
そしてこの場所性が建築に寄って開かれて行く意味を感じることができました。

暮らしたのは1993年~1997年(イタリア留学を挟み)1999年~2002年
金沢城跡地から金沢大学が移転し橋爪橋と橋爪門など五十間長屋と整備がはじめられた頃

特にイタリアから帰った3年間は犀川を眺められる
犀星通りのハイツに暮らし
犀川の流れを楽しみ慈しむ芸術と座禅と建築にのめり込み図書館に通う
抒情詩を描く様な暮らしでした。

生まれ育った奈良井川の音と
犀川の傍に暮らす日常を重ねて
朝目覚めた時には全てが初めから生きることを
許されたかのように錯覚してしまうほど。

生きることや日々の暮らしや仕事の悩みに翻弄され
この場所性、豊かさや建築に充分に浸るまで金沢を知ることもせず
ひたすら本と妄想の中で若き悩みを抱いて。

それでも
今回の訪問で近くにあった優れた建築と文化が
間違いなく自分の一部であると感じとれました。

Jun 20, 2022

脇田邸(軽井沢)2008年

建築家 吉村 順三設計の軽井沢 脇田邸
建築当時周辺は森であったが、市街化が進み現在は賑わいのある3階を超える建物に囲まれるように建つ
その中には境界を守るかのような庭があり
建築は1階は大きなピロティで構成され2階が居住スペース
豊かな活動領域が人々の交流を促すようだ。

内部で構成された家具と使い勝手の良いキッチン
そして開口のディティール
最良の場所をいつも教えてくれる。

Nov 05, 2021

秋の休日

 

 

 

上林温泉に一泊して素晴らしい温泉と紅葉を楽しみ翌日は山ノ内町のSORAテラスへ

標高2700mの世界は雲海の中 一瞬で雲が流され地上が現れる

自然界の変化を楽しんで来ました。

その後は白馬村経由で帰宅

白馬村でも色々とみて感じて学生時代スキー場に足しげく通っていた時代

上達したくてスキー場でアルバイトをして板を担いで朝早く滑りに行った頃

少しだけ以前の静かな風景が懐かしい。

景観条例とは何だろうかという思い。

 

Jul 12, 2021

小暑 次候 蓮初めて咲く

2015.6.23

花の咲くようなラウンジチェア

ホテルオークラ建替え直前に居てもたってもいられず

意を決して訪れた時の写真です。

開業は1962年

何といっても建築家 谷口吉郎の手がけた和洋が調和するロビーは素晴らしく

新しいThe Okura Tokyoに建て替えられた際も

照明「オークラ・ランターン」はじめ麻の葉文の窓枠やラウンジチェアも含め

建築家 谷口吉生がチームに加わり可能な限りオリジナルを踏襲したと聞きます。

私たちはまだ訪れたことがないので

コロナ終息後に東京へ行く日を楽しみにしています!

 

 

外観の三ツ矢式建築は当時外務省勤務だった方の設計案を採用されていました。
当時の高さ制限に添って表は6階 裏は10階

高層階もなく見上げにすべて見ることができるスケールは時代のゆとりを感じます。

2015.6.23撮影

May 31, 2021

長野市へ

 

IPPEI SHINZAWA

STUDIOAULA 写真:新澤 一平

昨年引渡しをしました「林家(りんか)」が長野県建築文化賞住宅部門優秀賞を頂き

表彰式に参加させていただきました。

この難しい時期に表彰式を開催くださった長野県建築士会と

施主さんはじめ関わって頂きました皆様に深く感謝申し上げます。

 

その後で長野県立美術館へ訪れました。

この日は偶然が重なり行きの姨捨SAでは偶然知り合いの工務店さんと出会い

そして長野県立美術館を堪能し帰路に向かうその時に
美術館の出口から出てきた一人の男性と視線が合いました。

5秒ほどお互いに意味が解らず固まっていて漸くご挨拶。

何とそこでばったり会ったのは13年前に建てて頂き

つい先日数年ぶりにメンテのお話しに伺った私たちの施主さんだったのです。

思わず「縁があるとはこういう事なんですね!」と叫んでいました。

 

そして在任当時このプロジェクトを担当されたとのことでワークショップに参加されていました。

ほんの少し言葉を交わしたのですが、元の美術館に敬意を込めて建築されていた場所に新しい建築を配置せず

元の建物の場所を風景として残し東山魁夷館とは透明感のあるブリッジで繋いでいるという大切な意図を聞くことができました。

信濃美術館は林 昌二氏(1928-2011)(日建設計在任当時)の設計で1966年から3年前まで開館していました。

当時の建物は善光寺への軸を強く意識されていて

新しい建物でもその軸の方向の開放性と求心性が感じられるのはその意図が引き継がれていたことを読み取れ

また新しい感動を覚えます。

屋上テラスから善光寺界隈の風景を眺めると多くの善光寺を中心とした歴史的資産が残され

自然の中で起伏を巧みに建築の存在によって柔らかく繋いでくれていることが解ります。

貫くことの意味と訴えかける建築の形態の力強さ歴史や周辺への敬意。

素晴らしい建築を体感できました。

本館(数字はウエブサイトを参照しました)

延床面積 約11,000m²

構造 鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造

谷口さんの建築は時代を経ても美しい

東山魁夷館
延床面積 約2,000m²
構造 鉄筋コンクリート造
設計(1990年) 谷口建築設計研究所

 

 

PAGE TOP