STUDIO AULA - スタジオアウラ 一級建築士事務所

プロセス

Studio aulaのしごと

私たちが建築を設計する上で大切にしていることは、まず場所と素直に向き合うこと、そしてクライアントとの信頼関係です。それぞれの場所とヒトやコト、そして行為、環境や景観を見渡し、どんな時間を過ごしていくのか、繋がり繋げていくのか関係性を整理した上で新しい取り組みや設計者の視点で場の提案を致します。

まず目指す事は安心、安全、快適な場所を創る事、更に低酸素社会に適応するエネルギーを考えた建築です。
私達の仕事は敷地の歴史、諸条件、成り立ち、活断層など地盤の考慮から始まり、全ては安心できる場所を思考する事から始まります。 土地の持つ諸条件と歴史・風土を生かし、一棟一棟、異なる考え方で個性と敷地の良さが生きる建築を創造する事です。 私達は信州の真ん中で夫婦で設計活動をしています。
竣工した後、季節の便りや年に一度の訪問で建築と共に生き生きと動く施主の姿を追うことが大きな喜びです。

安心、安全、快適な住まいには機能性と耐震性を追求する事が大切です。
快適な室内環境・安全な建築は人が安らぎをもたらす必要最低限の基準であり、間取り、周辺環境より選択する構造・設備は異なりますが自然状況を生かしながら自立循環型住宅を目指します。
その上で、低酸素住宅に取り組みゼロエネルギー住宅も視野に勉強を重ねています。

エネルギー消費による評価を行いながら工夫できることは内と外の中間的な露地であったり、うちにわ、インナーテラス、縁側、庇の続く土間などを創る事で冬も夏も日射や風の通り道を考慮し室内環境を調整する形も取り入れています。

建築設計事務所ってなんだか固そうなイメージがありませんか?

ニ拠点居住、信州に移住する、賃貸やお店、医院、また古い建物のリノベーションにも積極的に関わっていますので是非一緒に考えていきましょう。
計画の進め方に決まりはなく、計画の予算に合わせ予算を最大限に生かしていくことを心がけています。ご相談はまず漠然としたお話からはじまりますのでお気軽に無料相談からお越しください。
また木造の構造計算書、許容応力度計算書等により優良な住宅を設計監理するよう対応しています。
進めていくプロセスには新築もリノベ―ションも大きな違いはありません。
また計画から完成までの日程はそれぞれです

すすめかた

無料相談
事務所に設けた、スペースかお住まいの場所でご相談をお受け致します。お話を伺い、私達の実績や日頃考えている事などをお話しします。
この際に出されたご質問に対する答えや調査報告等は無料です。
ご相談はメールsa@studio-aula.netや電話0263-87-0254にお問い合わせください。
是非ご相談用のスペース(SA-steps)に一度お越しください。
調査・企画
調査依頼書に詳細を記入して建設を予定されている敷地の確認をさせて頂きながら引き続きご希望やご相談を伺います。ご予算や敷地の法規上の与条件を調査し、どういった建物を建てることができるのか、さまざまな可能性を導き出します。
場合によっては計画に見合った土地を探したり、お店や医院の場合には計画全体のプロデュースも必要になります。
約一ヶ月後こちらから基本的なコンセプト図、図面、パースなどを使い計画全体の提案をします。
時には概算の工事費も合わせて提示いたします。
いろいろな角度からいくつもの案を検討しそれぞれのメリット・デメリットを検討します。

基本設計
Studioaulaの考え方や計画に共感して頂いた段階で、設計監理料や概算予算を確認した上で設計監理契約を結び具体的な設計を始めます
多くの会話を交わし、本当に大切な事、将来の夢や取り組みたい事、そしてヒトやコト、場所との繋がりなどを考える時間をつくります。

この時期は多くの時間をかけますが必要な時間は人や計画により異なります。
始めてのプランで気に入って頂ける場合もありますし、何回も練り直すケースも多く平均期間は4~5ヵ月です。
お急ぎの場合には打ち合わせを短期集中し調整していきます。

実施設計
詳細なパースや模型を作成しそれを基に細部の調整を行っていきます。また建物の各部分の詳細な図面(実施設計図書)の作成を行います。見積もりをご確認いただき、ご都合にあわせ設計変更を行いながら金額を調整していきます。

基本設計で明確になったイメージをより具体的に検討します。見積りが出て見積金額が予算よりオーバーした場合は工務店と個別にVE案(大替案)と減額金額を交渉します。そして双方が納得したところで工務店と工事請負契約を結びます。最初はどうしても予算調整が必要になりますが。最善の解決方法を探していきます。

建築工事
工事請負契約を工務店と結んで頂いた後、建築工事がスタートします。日に日に出来上がっていく姿に感動する時間です
この段階では設計者は実施設計図書のとおりに施工されているかチェックし工事の過程を写真等によって報告いたします(工事監理)最後に検査機関等の検査を行った上で引き渡しとなります。

想像で描いていた事が大勢の人の力によって形になり姿を現していく毎に感動します。

完成
完成後、ずっと長い 一生のおつきあいをお願いします!
引き渡し後も定期的に検査を行いより長く建物とつきあっていただけるように工務店と責任をもってアフターケアを致します。

建築費と設計監理料について

建築コストはトータルな資金計画が必要です。
大きな枠組●建築費 建築工事本体(工務店との契約金額)+外構費+諸費用(登記、火災保険料など)+建物の設計監理料
土地を取得時●土地取得費用+諸費用(登記料など)取得前にご相談頂く事をお奨めしています。

設計監理料は、工事請負金額(予定額)を基本に相談の上で決定しますが、同じ予算でも敷地状況・工法・規模によって異なります。

木造住宅2階建ての場合の設計監理料は相対的にみると建築工事費用の約10%が目安です。
床面積に対しては7万円、また新築工事では下限200万円とさせて頂いております。

設計監理料のお支払い時期は設計監理契約締結時・基本設計完了時・実施設計完了時・竣工時の4回に分かれますがご相談に応じる事もできます。

●「木造2階建住宅」は2011年3月より専用ソフトによる構造計算を行っています。
(在来軸組工法の場合)※筋交い計算、金物計算含む
● 長期優良住宅、性能表示、長期優良住宅は専門機関へ書類提出が必要です。
●「木造3階建て」「鉄骨造」「RC造」「SRC造」等は別途構造計算料が必要です。
● 集合住宅・店舗・事務所・倉庫・福祉施設などは建物の規模や構造によって違いますので都度お見積もり致します。
● リノベーション、デザイン賃貸や各種デザイン等も御相談ください。