長野県の建築設計事務所 スタジオアウラ一級建築士事務所

ブログ BLOG

Jun 01, 2018

小田原文化財団 江ノ原測候所


ファウンダー 杉本 博司氏による
概説
転載

悠久の昔、古代人が意識をもってまずした事は、天空のうちにある自身の場を
確認する作業であった。

そしてそれがアートの起源でもあった。
天空を測候する事にもう一度立ち戻ってみる、そこにかすかな未来へと通ずる糸口が
開いているように私は思う。

転載おわり













風景のなかにある
建築を眺めると意図を深く感じるために
天気(天のごきげん)に目を凝らす

駿河湾は綺麗に見えたが
富士山は雲隠れしていたこの日

雲の流れと見え隠れする太陽と
雨に降られ
風に吹かれ
不思議とやはり「天」を意識していた。

ひとの原点は「天」とつながること



Mar 24, 2018

雲海のなかで

あっという間に一週間が経過しています。
新しい問い合わせや着工に向けた設計の詰めなどあわただしい中で先日は美ヶ原「王が頭ホテル」に
行って来ました。
雲海と濃霧から顔を出した山々の美しさ木々の快活な色に
ただただ景色に感嘆し魂を清める様な場所でした。

Oct 10, 2017

満足とはこういう事だと感じた

4年ぶりに八ヶ岳音楽堂でコンサートを堪能
山下洋輔+横山幸雄
横山さんの確かな技術に山下さんの想像力が加わり
ガ―シュンの ラプソディー・イン・ブルーをフルで

本当に感動
良い音と良い空間
景色
ドラマチックな時間を過ごせるのはこの場所が一番
また是非 来たいと思った夜でした。


Oct 10, 2017

地鎮祭を行いました。

松川村で地鎮祭

アクシデントに見舞われ・・たものの
神官さんのお陰で難なく執り行われほっとしました。
大きな予算調整もなく長かった設計期間の紆余曲折も良い思い出に
いよいよ工事が始まります。
久しぶりに実家の横
お施主さん 本当におめでとうございます!

Sep 28, 2017

初の大鹿村

火曜日の夕方から一泊で大鹿村の「馬之亟」さんへ行って来ました。
馬之亟は旅館というよりも自然からの恵みの食事を堪能する場所

天竜川の流れの音に守られて一晩良い休暇をとれました。
眼下に広がる地形の中で地滑りの跡が気になり
女将さんにお話を伺うと
かつて伊那地方を襲った大きな自然災害「36災害」の爪痕だとのこと。
伊那地方で起こった災害だとは記憶にはあったものの
稀にみる降水量の多さで弱い地盤が一気に崩落し犠牲になられた方が数多くおられます。
大鹿村を訪れ自然災害の怖さと自然と共に生きる強さと豊かさに触れることができた事が収穫でした。
大鹿村は現在、リニア線の工事中
松川ICからの生活を支える国道が蛇行しているのに多くのトラックの往来があり大変な状況を目にしました。
また自然と共存する暮らしの静けさもなくなり
観光資源としての価値も薄れてしまうことが懸念されます。
リニア問題は信州に住んでいても遠い問題でしたが、大鹿村という尊い生態系や暮らしの残る場所で、
これほどまでに自然を壊す工事が行われている現実を目のあたりにして
驚きを隠せませんでした。
しかし馬之亟での暮らしの豊かさは変わらず、ご家族が育てた野菜はもちろん、釣りの成果、山のマツタケや雑キノコなどなど
驚くような五感に響くおご馳走、
川の幸、山の幸をふんだんに使った美味しい料理を堪能させて頂きました。
PAGE TOP