長野県の建築設計事務所 スタジオアウラ一級建築士事務所

ブログ BLOG

Oct 29, 2021

北信地域へ

2016年から計画を進め2018年に竣工した高山村のマザーバインズ長野醸造所へ

良い建築が使われて益々価値が高まっている姿に惚れ惚れします(自画自賛)

普段逢う事がない構造設計建築家が長野経由で金沢へ向かう事になり
松本空港へ迎えに行き長野へ向かう道すがら車内での会話

SDレビューでの出来事や現在の仕事のこと(先進的で建築的なIT関係ソフトプログラムの開発)

小さくても大きくても建築的な価値はそこへ注ぐ熱量と時間であるということ

そして辿り着くための何かを見せてもらった。

またマザーバインズを施工してくれた松本木材さんの自邸兼事務所の建築途中を見て他の現場でも

その戦いぶりにある年代の持つ懐かしい熱さを感じてきました。

一つの建築が蒔いた種子が広がり成長し更に人を通していくつもの良い建築や場所が生まれていることに感無量で刺激的で良い一日に感謝。

 

Oct 28, 2021

先月引渡しをした安曇野市の住宅「un terzo」で庭工事完了です。

 

 

広い敷地 農地と住まいの曖昧な境界をどう柔らかく切り離しながら風景をつないでいくかを考えました。

仕事と暮らしの境界に建築に続く壁を設けたことで緑の背景となり視覚的にも倉庫やハウスを

意識せず空を垣間見ることが叶いました。

また壁の外部では砂利を敷くことで農業用車両の通路と住宅のエントランスが分かれています。

曖昧な境界ですが、地面のパターンが変わるだけでひとの意識で境界は変化していくもの

短時間の滞在でしたが砂利を避けながら作業車を運転してくれる祖父の姿に出会い実感してきました。

ついでの立ち寄りで内から見ることはできませんでしたが

竣工写真の際にお伺いすることが本当に楽しみ。

 

庭:三楽(松本市)さんありがとうございます。

Sep 06, 2021

引渡し2年後

諏訪市の家です。
今年新しい家族が増えました。

初めて会った頃、赤ちゃんだった子はおしゃべりをしたことがなかったのですが今では5歳
すっかり子供らしく
色々と興味も沢山あり色々なことも教えてくれてそれがとてもとても可愛くてびっくり(やんちゃな男子)

そしてひまわりと夏を代表する花木のサルスベリや家庭菜園がある庭先で
きゅうりをぼりぼり食べているその男子((笑))は

トマトは苦手らしくたわわにあったのに要らないという返事。

庭にはお父さんの趣味の古いバイクいじり実際乗れるように整備されていました!さすがです。
(そういえば秘密の場所に部品用で数十台あると聞きびっくりしていた事を思い出しました)

 

60年前まで郵便局で使われていたバイク 実際にエンジン掛けてもらいました!

 


小さいころそういえばこういう遊びもしました。

キューピーが植えられていました。

 

お外のデッキでおしゃべり、飲食はせず

短い時間で幸せな気持ちを頂いて来ました!

Aug 24, 2021

エントランス前庭

 

長いアプローチ
エントランスには自然な形の小端立て。

 

Aug 23, 2021

処暑 綿のはなしべ開く

引渡しから1年半経過した松本市の欅紅葉の家で
COJI NAKAOさんに竣工写真を撮影して頂きました。

土地は40坪で床面積も25坪です。

空間をスキップさせ本棚を機能的に介入させたことで

広がりのある住まいとなりました。

 

PAGE TOP