STUDIO AULA - スタジオアウラ 一級建築士事務所

Detail

用途
専用住宅
概要
母屋の隣
場所
長野県東筑摩郡
完成
2016.1月
設計
Studioaula
施工
株式会社小笠原建築

Discription

原点に還る家

東京からUターン、生活の拠点を郷里に。

蚕屋として残され倉庫としていた築80年ほどの思いの残る家屋を解体した跡に建築しました。

解体時に残した土壁はクライアントの強い希望で日干し煉瓦を造り薪ストーブの後ろに積み新しい暮らしを見守っています。

築40年ほどの母屋から計画地にかけてなだらかな勾配のある敷地の在り方を生かし、変則的な2階建ての住宅としました。

後々、時がたち母屋と繋ぐことが出来るように母屋と2階床のレベルを揃え水回りも配置し変遷を考えた計画としています。

 

撮影はIPPEI SHINZAWA