STUDIO AULA - スタジオアウラ 一級建築士事務所

施工例

うちにわ そとにわ(建替)

Detail

用途
住宅
場所
Matsumoto
完成
2011年11月
施工
(有)建築工房 時遊館

Discription

Location: Matsumoto, Nagano Prefecture, Japan
Architect In Charge: Mitsuru Yoshida,Kyoko Hoshina
Project Year: 2012
Photographs: Ippei Shinzawa

松本市で2011年11月竣工した住宅です。

築40年の住宅を使いやすい平屋で容積も少なく片流れの屋根に建て替えエネルギーをなるべく使わない暮らしが実現しました。

 

長野県に限らず地方には接する道路の車の往来を除けば人の営みも風景も「昭和の時代」と変らない場所が多く存在しています。

設計する上では「車の往来と農村風景」が共存する違和感を解消する必要性を感じました。

道路からの音、視線、危険性などの問題点を解消し周辺環境と調和し暮らす為に、人の営みと景色とを繋ぐ「そとにわ」と環境を緩やかにコントロールし手の届く緑としての「うちにわ」の二つの緩衝帯を設けました。

また外的要因との調和は外格子、サッシ、室内中空ポリカの開閉により保たれます。内部では東西南北の視線の変化を取りいれ、季節感を感受しながら快適な室内環境で暮せる様に「調和」を重点に設計しました。

LED照明、長野県産材、既存のものを利用する、雨水浸透、卓越風を考慮した地窓などを設置した循環型住宅です。

INAXデザインコンテスト入賞

平成22年度 松本市都市景観賞最優秀賞