長野県の建築設計事務所 スタジオアウラ一級建築士事務所

ブログ BLOG

Dec 04, 2020

竣工まで

足場が外れ昨日の現場はキッチン取り付け器具の取り付けが同時に行われ

最大の佳境にあり大混雑の様相です。

施主さんにも仕上げを確認していただき

引き渡しまで10日あまり多くの人が仕事をしていることも共有できました。

セカンドリビングからの開口は色々な用途と意図から

大開口、ハイサイドライト、丸窓もあり

その開口のひとつひとつの風景が生活に彩を添えてくれます。

東の大開口からは季節ごと桜や花火など楽しみながら寛ぐテラスがあって市街地にありながら

抜け感が大きくあるスペースです。

Nov 26, 2020

仕上げ工事

昨日は完了検査から岡谷市の配筋検査へ
数年前に山辺先生の木造塾で勉強させてもらった項目

簡単な地盤調査の結果から砂礫層、粘土層の厚さと層の構成から
地盤沈下の計算をすること鉄筋かぶりや底盤の大切さ伴線の角度などチェックしてきました。

WEB【特別講演 山辺先生】これだけは知っておきたい『設計者のための基礎の構造計算』

が開催されます。

何度聞いても良い話で木構造と

基礎の底盤スラブの重要性をもう一度確認していきます。

 

見積もり依頼のため図面に追われる日々

合間に本管取り出し工事の検討もあって

着工予定の敷地レベル測量は雑草との闘いの中無事完了です。

今週末はひっそりとOPENHOUSEを予定しております。

お施主さんありがとうございます。

こちらは松本市コートハウスです。
竣工まで1か月を切りました。

建物の形態とロケーションに添って遠景から近景から

またコートハウスでは室内から様々な要素と見え方を試行錯誤

 

施主さんと共に手間のかかる仕事に満足感の上に感動

ベースを荒らしまた小手を引きという工程のテクスチャーまた現場ごとに変化を求めるという

本当になんという我儘なのでしょうか。(→私たち今さら気が付きました)

いつもご苦労をかけていますがご対応ありがとうございます!

室内は周辺環境を考慮しアップルゲートセルローズファイバー+付加断熱を施工しました。

断熱性能はもちろん防音にも期待した通り車の往来があっても音楽を楽しみながら過ごせます。

ガレージとエントランス趣味室を1階に配置し中庭を通して繋がっています。

セカンドリビングには水庭と屋根を持つテラス
回廊から子供室へと続きますが

南からの光をどこからでも感じられるエリアに対し生活音を気にせず暮らす静かなエリアの二面性を持つ

明暗を感じる住宅になりました。

水をためる水庭からの揺らぎ、季節を感じるスペースもあり

竣工が楽しみです。

Oct 24, 2020

木工事完了

木工事が完了しました。

施主さんと確認し建具や内装仕上げ、外構など打ち合わせ
いろいろと考えていることが
やっと理解しあえてきたなと感じる頃に現場が完成して
引き渡しとなる感覚です。
はじめてお付き合いさせていただく庭蒼さん
イメージの共有もでき庭への期待も高まっています。

Sep 11, 2020

安心感

笠木の立ち上がり
信頼できる板金屋さんにいつもお願いしている理由は
器用さに安心感が

職人さんの少しずつの努力小さな技の積み重ねがあって
はじめて良い家になります。

設計期間は7か月から1年

工期は7か月~8か月頂いている理由でもあります。

Aug 27, 2020

浴室からコート


ユニットバスですが
中庭に向けて開口をとってあります。

PAGE TOP